写真付きの年賀状を送ることはよくありますが

仕事上の相手に出すなら出してもいいかを考えてください。出産祝いなどをもらっている方の時は、写真を見せれば喜ばれるでしょうが、仕事上の相手に家族の写真付きの年賀状をもらってもあまり喜ばれません。会社用として写真なしのあっさりした年賀状を別に用意しておけば困ることはありません。新年を迎えてあいさつ回りができれば問題ないですが、遠方にいらっしゃる方には挨拶することができません。そんなときは、年賀状を送ればいつもはめったに会えない方にも挨拶が可能になりますし、お正月の近況報告が語られたはがきをもらったら、楽しんでもらえます。前もって続く日本人の習慣として年賀状を出し続けるように心がけましょう。年賀状は3日より前に届けば大丈夫だと言われていますが、大丈夫なのであれば元旦に渡したいです。でも、この時期は大勢が年賀状を送るため元旦よりあとになることがよくあります。年始に挨拶したいので元旦に着いてほしいなら、投函するのは12月25日を超えないようにしてください。そうしていれば、元旦の日には着きますから安心です。
シミに効果絶大!美白化粧品【BEST5】はコレ!